Thursday, December 2, 2010

「世界を変えるものつくり」(D-Lab@Keio)(第9回)

慶應大学での授業も既に9回目を迎えました!
(CAD演習、東大・新井先生のプレゼン講義、中間発表はblog更新しておりません・・・)

履修生はそれぞれ決めたテーマを元に調査、アイデアのブラッシュアップを進めているところです。

本日は、大きく
・生活に関するテーマ:建築、住宅、交通、流通
・インフラ、エネルギーに関するテーマ:ソーラーエネルギー、ランタン、燃料、ガス
・その他:病気診断・予防、子供の労働と教育について
などにわかれ自分たちのアイデアを掘り下げるためにディスカッションを行いました。

学生は皆、自分たちが対象とする国、地域(ラオス、レソト、バングラディシュなど)について良く調べアイデアをより具体的、現実的なものにすべく準備を進めていました。

ディスカッションの中で聞かれたものは、
・大きなインフラを整備するとして、その国の政府主導でやるのか、海外資本、他国政府の力で行うのか。
・ソーラーパネルを設置したとして、使い道は?どのように電力消費地まで運ぶのか?水処理などに用いるとして今よりも果たして効率的になるのか?
・廃棄物からガスを生成するとして、どのように一般家庭に共有するか?コストはどれくらいで、それは家庭で支払えるものなのか?
・病気の診断、治療だけでなく、いかに予防するか、早期発見して治すことができないか。
・新たな医療システムを考えるとして、そこにはどんなリスクがあるか。
・子供の労働時間を減らし、教育により専念できるような仕組みを考える上で、どのように経済的な問題を解決するか。それまで子供が担っていた分の仕事はどのように補うか。学校で働けるような仕組みを作るか、何か耕具などを生み出し子供の労働時間を減らすように取り組みか。

など、学部1、2年生とは思えないような深い考えが出てきました。

そして、口ぐちに聞かれたのは、「実際に、街、学校の仕組み、生活環境はどのようになっているのか。どのような病気が多いのか。どれくらい医療制度は不十分なのか。どれくらい子供が働いている場所と学校は離れているのか。”そのような現実を見るために、ぜひ実際に現地に運んでこの目で見てみたい”」というものでした。

数か月前まで漠然と途上国に関心を持っていたか、ほとんど考えたこともなかったような学生達が、実際に何か一つ問題を選び、その解決のためにアイデアを考え、自ら現地について調べ掘り下げていく。そして、いかに自分の目で現地の様子を見ることが大切かということを知る。
残り三回となった日本初の途上国向け適正技術の授業ですが、最後に学生からどのような発表が聞けるかが楽しみでなりません。

1 comment: